福井の設計事務所アトリエファイブ

ミャンマーチーク

大工さんが貼っているのは無垢のミャンマーチークです!ただのチークではなくミャンマーがつきます(^^)/

チークと言えば、言わずと知れた世界3大銘木の一つで、中でもミャンマー産はトップクラス品なのです!

チークの特徴は何といっても寸法安定性、耐久性がピカ一で水にも強く船の甲板等にも使われています。

また、オイルを沢山含んでいる木材なので、非常にしっとりとした肌触りをしていて、経年変化であめ色に変わって行くのを楽しむ事が出来ます。

今回は天井と床、更に軒裏と贅沢に採用させて頂きました!

 

天井には勾配の変化する部分があるのですが、そこは一枚一枚角度を合わせて施工して頂いています!

大工さん、申し訳ありません(;´Д`)!!

でも、出来上がりが非常に楽しみです( ̄▽ ̄)

壁の断熱にはアクアファームを使いました

厚みはたっぷり100mm以上です!

この青いので確認します(^^)/

引っ張り出すとこんな感じ!

棒の長さが100mmあるので全部埋まれば厚みがある事が確認出来る仕組みです。

ただ120角の柱面まで吹き付けてありますので、一目で厚み120mmと分かりますけどね

今回はピットリビングなので、一部床が下がります

ここで気になるのは『すき間風』!

床下の冷たい空気が侵入しないよう断熱材は勿論、すき間のない様に気密テープで念入りにふさぎます

大工さんにも現場管督さんにも念押しさせて頂きました

最後にサッシの確認!

窓は一番熱損失が大きいので重要なんです

これはクリプトンのトリプルガラス( `ー´)ノ

断熱性能はピカ一です!!!

 

                                    murota