about us

アトリエ5について

室田 高義     Murota Takasyoshi

 

経歴

 1973年 福井県福井市生まれ

 ゼネコン・大工・設計事務所勤務を経て

 1999年 Atelier5一級建築士事務所 設立

 2011年 株式会社Atelier5 設立

『感じる事がすべて』

 設計の仕事は“線”を引く事。

線を引く、それは“あっち”と“こっち”を創る事、創った“場所”には個性が生まれ、今度はそれらの出会いをプロデュースする、その繰り返し。

 

その線が国境であれば国ができて、“出会い”を間違えれば“戦争”になる。

そんな妄想をしながら、“場所”を創りこみ、それぞれの関わりを演出する。

楽しくて夢中になれる時間で、この仕事が向いていると感じる時である。

 

この時間を繰り返し建物にしていくのだが、その過程で活躍するのが要素である。建築の要素には、必要から生まれた役割がある。“四季”があり“靴を脱ぐ”世界でも珍しい文化の日本、そこに根付いて成長してきた要素。

 

例えば庇、庇には木で出来た建物を守り、自然を緩和しながら取り込む役割がある。四季があり、気象の変化が激しい日本では重要な要素の一つである。

 

そんな数ある要素の中でも、一番手強いのが“窓”である。

外気を自由に遮断でき、解放感があり、デザイン上でもとても重要な要素なのだが、熱が伝わりやすく、結露や室温分布に大きな影響を与える窓、『窓を制する者は建築を制する』なんて言葉があったような。

 

大きな開口部は見た目には良いが、方角を間違えると暑くて不快になり、結露や熱還流を抑えるのに費用がかかる、外部からの視線も考慮しなければならない。

当然、庇とのタッグは必須になり、日影計算なども用いて計画するのだが、ベタっとする窓周辺は外観に大きく影響する為、難しく一番頭を悩ませる。

煮詰まると全て無くしたくなる、庇も窓も色も無ければどれだけ楽だろうか、白い四角、あとはスタイルを整えるだけ・・・そんな訳にはいかない。

ベストを模索して、色々な要素をバランスよく組み立てながら線を引いていく。

 

こんな葛藤の中で仕事を進めていくのだが、思い続ける事が一つある。

それは、幾ら理論で武装して熱く語っても、感じ取れない、居心地が悪ければ意味がないという事。

建物は五感で感じる物、『感じる事が全て』の世界だと思う。

 

まだまだ未熟ではあるが、“求める体感を創造する”を磨き、“建築”で社会に貢献できると嬉しい。

 


会社概要

  • 株式会社Atelier5(アトリエファイブ)
  • 代表取締役 室田 高義
  • 会社所在地:〒910-0842 福井県福井市開発1丁目2303-2
  • TEL:0776-54-3218
  • FAX:0776-97-5608
  • E-mail:info@atelier5.jp
  • 設立:1999年9月
  • 登録:

Atelier5一級建築士事務所

福井県知事登録 第い-1624号

  • 業務内容:

住宅建築の計画・設計・監理

住宅建築のリフォームの計画・設計・監理

その他建築(店舗、オフィスなど)の計画・設計・監理

 

office-1
アトリエ5オフィス
office-2
打ち合わせスペース

※車でお越しの方へ

ナビによっては、まったく違うところに案内することがあります。

『啓蒙公民館』で検索して、お越し下さい。

アトリエ ファイブ

TEL. 0776-54-3218

10:00 ~ 18:00(日曜・祝日休み・時間外対応可)


\\     If you don't mind, please follow me!     //

Facebook
Instagram
pinterest


株式会社Atelier5 一級建築士事務所 〒910-0842 福井県福井市開発1-2303-2 ✉info@atelier5.jp