福井の設計事務所アトリエファイブ

建て方2

秘密兵器登場!

って秘密でも兵器でもないのですが(笑)

これは遮熱シートです、商品名はラミパックSD、福井県で作られていて

断熱材ではなく、遮熱材です!同じように思えるかもしれませんが、断熱と遮熱は役割が全く違います。

簡単に説明すると、断熱は熱の伝わりを防ぐ物で遮熱は熱線を反射し熱の発生を防ぐ物です。

 

どういう物かと言いますと、ズバリアルミ箔です!!

実はアルミは熱線を99%以上反射する優れ物なんです、ですが伝導率が良いので周囲の空気が対流すると熱が伝わってしまします、なのでこの手の商品は周囲に静止空気層を設ける事が重要なのですが、そう簡単には作れません。

で開発されたのがこのラミパックSDです!

アルミを二重にし、その間に皆さんご存知の緩衝材「プチプチ」を挟んで、静止空気層を持ったアルミシートにした物で、敷くだけでアルミと静止空気層を設置できる優れ物です。

単純に思うかも知れませんが、これが効くんですねー!!!

ビフォーアフターでも使わせて頂きました(笑)

 

使い方は簡単!

敷くだけです(笑)

屋根だけではなく壁にも使えます。

プチプチは小さな沢山の部屋から出来ていますので、タッカー等で止めても空気層がなくなりません!

 

更にもう一枚重ねてアルミを4重にしようかと思ったのですが・・・、欲張り過ぎは良くないので我慢しました(笑)

 

上にシージングを重ねて屋根下地完成です!

 

シージングは遮音、ラミパックは遮熱して熱の発生を抑え、それでも伝わった熱は屋根裏の換気により外に出します。

屋根裏の温度を極力外気温度と同じに保つ事で天井断熱材の効きを良くします!

 

今回の天井断熱の抵抗値は5.7もありますので、全く必要なないのですが・・・、欲張りなので(笑)